川口の街と荒川の風景



 川口市(1933年市制)は、人口489,977人(2004年7月)の埼玉県南東部の荒川北岸に位置する県内第2の都市です。荒川を隔てて東京都と接しているので、都心に通勤、通学する人が多くなってきました。
 江戸時代には日光御成街道の宿場町として、また舟運と陸上交通の要として栄え、鋳物、機械、木型といった製造業で全国的にその名を知られるようになりました。
 『キューポラのある町』(映画)の舞台にもなり、現在は映像産業を核とした新たな産業拠点として注目されています。
 現在は工場も少なくなり、入れ替わるように90年代からマンションが相次いで建てられ、街の風景も変わってきています。
 新旧の時代の街の移り変わりを特徴的に凝縮させている川口市は、新しい社会のあり方を、様々な角度から感じさせる街でもあります。

川口市出身の有名人
斉藤雅樹(野球)、蜷川幸雄(演出家)、蛍雪次郎(俳優)、宮原美佐子(マラソン)など

magnesium allo
LINK
●ようこそ川口へ
●川口駅周辺のまちづくりの経緯
●荒川の今 現在の新荒川大橋からのライブカメラ
●荒川お散歩マップ 川口・赤羽付近
●プロジェクト川口
●高速道路情報
●川口商工会議所
●川口市防災カメラ(ライブ)
●川口市-wikipedia
titanium recycle PDA mobile cellular telephone  information taiwan taipei earth new product